京王電鉄は6日、ついひじ杏奈さんを起用した新「プラットガール」を5月16日から展開すると発表した。電車で“プラッと”出かけることが大好きな「プラットガール」は2013年度からスタート。京王電鉄が発行する沿線情報誌「あいぼりー」やポスターなどを通じ、見た人が思わず訪れたくなるような京王沿線の魅力を発信する。

沿線情報誌「あいぼりー」などの配布用ラックに設置するポスター(駅構内に設置)
沿線情報誌「あいぼりー」のイメージ
車両内ドア上ポスター

新たに「プラットガール」のイメージキャラクターを務めるついひじ杏奈さんは、親しみやすくさわやかなイメージで、女優としてドラマや映画などで活躍中。今後、沿線情報誌「あいぼりー」(5月16日発行の125号から)などで京王線・井の頭線沿線のおすすめスポットをPRするほか、京王電鉄が主催するイベントにも出演し、京王沿線の魅力を発信していく。

新「プラットガール」の開始にあたり、京王線・井の頭線の各駅や電車内で連動ポスターを5月17日から展開。京王電鉄のサイトにて、新「プラットガール」を紹介するプロフィールページも公開されている。

#京王電鉄


ついひじ杏奈、京王電鉄の新「プラットガール」に – 5/16から展開

関連記事

鉄道技術展2021 – JR西日本、GIS連携の電子線路平面図システムなど

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜山万ユーカリが丘線編ショート版〜

小田急電鉄「ミュージックロマンスカー」コーラスグループが歌唱

京成電鉄3600形の運転士席も! 電車モチーフのコワーキングスペース

鉄道技術展2021 – JR九州が単独ブース初出展、業務用アプリ等展示

鉄道技術展2021 – 日本信号「Traio 車上ユニット」DEC741形に搭載