京王電鉄は6日、ついひじ杏奈さんを起用した新「プラットガール」を5月16日から展開すると発表した。電車で“プラッと”出かけることが大好きな「プラットガール」は2013年度からスタート。京王電鉄が発行する沿線情報誌「あいぼりー」やポスターなどを通じ、見た人が思わず訪れたくなるような京王沿線の魅力を発信する。

沿線情報誌「あいぼりー」などの配布用ラックに設置するポスター(駅構内に設置)
沿線情報誌「あいぼりー」のイメージ
車両内ドア上ポスター

新たに「プラットガール」のイメージキャラクターを務めるついひじ杏奈さんは、親しみやすくさわやかなイメージで、女優としてドラマや映画などで活躍中。今後、沿線情報誌「あいぼりー」(5月16日発行の125号から)などで京王線・井の頭線沿線のおすすめスポットをPRするほか、京王電鉄が主催するイベントにも出演し、京王沿線の魅力を発信していく。

新「プラットガール」の開始にあたり、京王線・井の頭線の各駅や電車内で連動ポスターを5月17日から展開。京王電鉄のサイトにて、新「プラットガール」を紹介するプロフィールページも公開されている。

#京王電鉄


ついひじ杏奈、京王電鉄の新「プラットガール」に – 5/16から展開

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました