京王電鉄は5月10日、同社の鉄道員をイメージした「イケメン付箋」2種類を発売する。「イケメン付箋」は日本ホールマークが展開している付箋シリーズ。さまざまな年齢や性格、職業などが設定されたイケメンキャラクターが描いてあり、メッセージを書き込むと台詞のように見える。

「イケメン付箋」京王電鉄オリジナル版イメージ

京王電鉄版は駅係員と技術員の2種類を用意し、各450円で発売。「京王れーるランド」と京王多摩センター駅窓口、「京王アートマン」「atman atman」計7店舗、「啓文堂書店」計18店舗、「K-SHOP」計5店舗で販売するほか、通販サイト「鉄道甲子園」「電車市場Eモール店」で取り扱う。

「同僚や友人たちと顔を合わせる機会が限定される昨今、誰かに会いに行くための移動手段でもある鉄道会社として、少しでもリアルの場でのコミュニケーションが楽しくなるお手伝いができれば」と京王電鉄は説明している。

#京王電鉄 #子鉄


京王電鉄オリジナル「イケメン付箋」駅係員版&技術員版、5/10発売

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ