京王電鉄は5月10日、同社の鉄道員をイメージした「イケメン付箋」2種類を発売する。「イケメン付箋」は日本ホールマークが展開している付箋シリーズ。さまざまな年齢や性格、職業などが設定されたイケメンキャラクターが描いてあり、メッセージを書き込むと台詞のように見える。

「イケメン付箋」京王電鉄オリジナル版イメージ

京王電鉄版は駅係員と技術員の2種類を用意し、各450円で発売。「京王れーるランド」と京王多摩センター駅窓口、「京王アートマン」「atman atman」計7店舗、「啓文堂書店」計18店舗、「K-SHOP」計5店舗で販売するほか、通販サイト「鉄道甲子園」「電車市場Eモール店」で取り扱う。

「同僚や友人たちと顔を合わせる機会が限定される昨今、誰かに会いに行くための移動手段でもある鉄道会社として、少しでもリアルの場でのコミュニケーションが楽しくなるお手伝いができれば」と京王電鉄は説明している。

#京王電鉄 #子鉄


京王電鉄オリジナル「イケメン付箋」駅係員版&技術員版、5/10発売

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用