「ローカル路線バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」(テレビ東京系)で勝つために手段を選ばず、メンバーに厳しく当たることから「鬼軍曹」と呼ばれ、すっかり人気者になった女優の村井美樹。だが、5月5日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送された「バスvs鉄道乗り継ぎ対決旅第8弾 熊本城〜長崎・平戸城」では、そんな彼女が激変。鬼軍曹ではなくなり、ファンから驚きの声が上がっている。

旅の初日、勝つために必死だった鬼軍曹の顔はなく、万事ゆるい対応。これまでであればスタート直後から急いでいたが、今回はゆっくり始動。いきなり路面電車に乗り遅れるミスをしている。

「なによりも驚かされたのは、最初のチェックポイントに向かう途中、最寄り駅でご飯を食べたことです。今までは電車の待ち時間にあわてて食事をするのが普通で、待ち時間がなければご飯を食べないこともありました。前回の第7弾では #尼神インター の渚とご飯を食べる食べないでもめ、険悪なムードになっている。とても同じ人とは思えませんでしたね」(週刊誌記者)

村井のゆるさは鉄道チームのリーダー・ #太川陽介 も感じたようで、「勝負師の顔じゃなかった」と指摘した。いったい村井に何が起きたのだろうか。

「村井の鉄道チームは2連勝して通算成績も4勝3敗でリードしているので、自然とゆるくなったのかもしれません。また、ちょっとうがった見方をすれば、村井が今年3月から太川と同じ事務所に移ったことから、太川に忖度したのかもと考えられます。あるいは、VS旅のレギュラー出演が確実になり、旅に真剣にならなくてもいいと気のゆるみが出たのかもしれません」(前出・週刊誌記者)

1日目のユル軍曹ぶりが自分でもイヤになったのか、2日目からは少しだけ厳しさを取り戻していた村井。次の旅は最初から鬼軍曹であってほしい。

#バス #太川陽介 #テレビ東京 #ローカル


「バス旅」太川陽介も首をかしげる?鬼軍曹・村井美樹が”腑抜け状態”だったワケ

関連記事

ICOCA利用でポイント還元 丹波市が鉄道利用増進図る 7月から

切ったら祟られる?巨大「ご神木」と共存する駅

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始