JR東日本は6日、列車の利用状況がゴールデンウィーク前の水準に戻っていることを理由に、首都圏の一部線区で行っていた通勤時間帯の列車削減を解除し、5月7日の通勤時間帯は通常の平日ダイヤで運行すると発表した。

JR東日本が首都圏の一部線区で実施していた通勤時間帯の列車削減を解除すると発表

JR東日本では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言の発出と国・関係自治体からの要請を踏まえ、4月30日から5月7日までの期間、平日ダイヤで運転する日において、首都圏の一部線区で通勤時間帯の列車の削減を行うとしていた。

対象線区は山手線、京浜東北・根岸線、中央線快速、中央・総武線各駅停車、青梅線、常磐線快速、京葉線。これらの線区では、朝通勤時間帯において通常本数のおおむね8割程度の運転としていた。山手線、京浜東北・根岸線、中央・総武線各駅停車は夕通勤時間帯も列車の削減を実施していた。

今回の発表によれば、列車の利用状況がゴールデンウイーク前の水準に戻ったことから、5月7日まで実施予定だった通勤時間帯の列車削減を解除するとのこと。これにともない、5月7日は通常の平日ダイヤで運行されることとなった。

#JR東日本 #電車


JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題