(TeerawatWinyarat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

5日放送『水バラ バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅8』(テレビ東京系)で、番組レギュラーの #太川陽介 が「過去のパワハラ」を反省。心を入れ替えた姿に大きな反響が起きている。

◼人気対決番組

同番組は、太川率いる「路線バスチーム」と、「鬼軍曹」として君臨する村井美樹の「鉄道チーム」が、チェックポイントを巡りながらゴールを目指していく対決バラエティ。

これまでバスチームの3勝に対し、鉄道チームは4勝と勝ち越しているため、太川は必勝の覚悟をもってこの日の対決に参加した。

舞台は九州、熊本城からスタートし長崎・平戸城がゴール。それぞれの交通手段と1万円分までのフェリー・タクシー利用で先にゴールしたほうが勝者となる。太川は人気アイドルグループ・ #乃木坂46#高山一実 とプラス・マイナスの #岩橋良昌 をチームメンバーに迎え、ゴールを目指す。

関連記事:松本潤、嵐活動休止後の自身の今後に言及 ファンからは「ゆっくり休んで」

◼パワハラの指摘

過酷な旅のため、チームを引っ張る太川と村井がそれぞれのメンバーを叱咤激励するシチュエーションが多い。

その一方、日本全国で路線バスの『バス旅』に挑戦してきた「バス旅プロ」太川は自分の経験・決断だけを信じ、メンバーの助言を無視、受け入れない「ワンマン」な姿勢をのぞかせている。

「どうしても負けたくない」との思い・焦りから不機嫌な態度になりがちな太川。チーム仲がギクシャクしたり、メンバーが太川に怯えてしまう場面もあり、視聴者からは「パワハラ」を指摘する声もあった。

◼放送を見て…

しかし、この日の太川はどこか違う。メンバーの体調を気遣い、絶叫マシンに乗らなければならないチェックポイントでは、尻込みする岩橋の代わりに率先して絶叫マシンに乗り込む。太川の心遣いに常にチームに柔らかな雰囲気が漂っていた。

旅の途中、太川はその理由を語る。「ここのところの放送を見て自分がイヤになった。あまりにも余裕のない自分にショックだった。優しさが足りなかった」と自身の態度を客観的に見て反省したと吐露。

「チームに対して厳しかった、キツかった」「真剣だけど余裕を持ってやろうと決めた」と心を入れ替えたと明かした。

◼視聴者の感想は?

その言葉通り、メンバーの体調に目を配りながら楽しく旅を進めた太川チーム。見事に勝利を飾り、感動の涙をこぼした。

この太川の変化に視聴者からは「太川陽介は年齢を重ねても反省し、習慣を変えようとする立派な人だ。すごい」「今日の太川リーダー、反省して優しくて良い」「太川さん自らを反省、素晴らしい姿勢」と好意的な声が殺到している。

・合わせて読みたい→パンサー尾形、妻へのモラハラDVをついに反省 「愛じゃないのかもしれない」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

#太川陽介 #パワハラ #バラ


太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題