交通運輸部(省)によると、連休3日目、全国の鉄道、道路、水路、民間航空の輸送旅客数は前年同期比121.8%増の延べ5034万7000人となった。このうち鉄道は延べ1374万5000人、道路は延べ3359万人、水路は延べ144万9000人、民間航空は延べ156万3000人だった。
今年のメーデー連休期間、各地の交通運輸当局は新型コロナ対策を強化し、便利で良質なサービスを提供して、移動のピークに効果的に対処している。四川省の交通当局は省内の高速道路網の渋滞しやすい重点区間(成安渝や成雅を含む高速道路10本・動画モニタリングポイント20か所)のリアルタイム映像を配信しており、ドライバーはスマホを使って省内の道路状況を直ちに知ることができる。浙江省の交通当局も特に高速道路の重点区間について同様のサービスを提供している。このほか寧波、舟山、麗水の路線バス、杭州、寧波の地下鉄、寧波の水上バスとシェア自転車、舟山の総合乗り換えや交通動態、麗水の駐車場の位置などの情報も確認できる。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

#連休 #メーデー #中国 #道路


交通当局、メーデー連休の移動ピークに効果的に対処—中国メディア

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題