【ニューヨーク=村山誠】AP通信などによると、メキシコの首都メキシコ市で3日午後10時25分頃(現地時間)、メキシコ市地下鉄12号線の高架橋区間の一部が崩壊し、走行中の列車が落下した。この事故で少なくとも15人が死亡、約70人がけがを負った。

現場は市南東部にあるオリボス駅近くで、市当局は周辺の立ち入りを制限して救助活動を続けている。メキシコ市地下鉄は12路線、計200キロ・メートルを超える公共交通機関で、1日の輸送人員は400万人を超えるという。

#メキシコ #落下 #死亡 #けが


鉄道の高架橋崩落、列車が落下し15人死亡・70人けが…メキシコ市

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ