JR西日本は、山口線新山口~津和野間にて、ディーゼル機関車DD51形が牽引する「DLやまぐち号」を期間限定で運転している。今春は5月5日まで運転され、復路は「春」仕様のヘッドマークを掲出。津和野駅隣接の転車台広場で特別展示も行われている。

ディーゼル機関車DD51形の牽引で運転される「DLやまぐち号」

例年、山口線では蒸気機関車の牽引による観光列車「SLやまぐち号」が運転されるが、今年はC57形1号機・D51形200号機ともに検査・修繕を実施することになり、代わってディーゼル機関車の牽引による「DLやまぐち号」が運転されることになった。

ディーゼル機関車は蒸気機関車の代替車両として、国鉄では約1,400両が製造されたという。最盛期には全国各地で客車や貨車を牽引したディーゼル機関車だが、近年は徐々に数を減らしており、JR西日本は昨年末の時点でディーゼル機関車26両を保有。「DLやまぐち号」ではDD51形1043号機を使用し、旧型客車を再現したレトロな乗車空間を有する35系客車を牽引。土休日を中心に山口線新山口~津和野間を1日1往復する。

「DLやまぐち号」で客車を牽引するDD51形1043号機
「DLやまぐち号」の往路は通常のヘッドマークを使用する

往路(新山口駅10時50分発・津和野駅12時58分着)はDD51形に通常のヘッドマークを掲出。復路(津和野駅15時45分発・新山口駅17時30分着)は通常と異なる季節限定のヘッドマークを採用し、現在は桜を描いた「春」仕様のヘッドマークを掲出している。ゴールデンウィーク期間中の運転では、「SLやまぐち号」のときと同様、沿線の人々が集まり、列車に手を振る場面が見られた。親子で「DLやまぐち号」を見送った後、「いつもと違ったね…」といった声も聞こえてきた。

「DLやまぐち号」が発着する津和野駅では、駅隣接の転車台広場にてDD51形の特別展示を5月5日まで実施している。例年運転される「SLやまぐち号」の場合、蒸気機関車は津和野駅到着後、水と石炭の補給作業のために転車台を使用する。一方、ディーゼル機関車はこれらの作業が不要で、通常は転車台を使用しない。今回はDD51形を間近に見てもらう目的もあり、転車台での回転展示を13時20分頃から行っているという。

「春」仕様のヘッドマークを掲げ、新山口駅へ向かう「DLやまぐち号」
旧型客車を再現した35系客車。展望デッキも備える

DD51形が牽引する「DLやまぐち号」は、5月5日まで運転した後、夏休み期間にあたる7月17日から8月30日までの土日祝日と、9月18~20日に運転予定。7月17日以降、復路では「夏」仕様のデザインとなったヘッドマークを掲出する。10月以降の運転計画は改めて案内するとのこと。

#観光列車 #機関車 #客車 #JR西日本


JR西日本「DLやまぐち号」DD51形が牽引、復路は「春」ヘッドマーク

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました