中国のニュースサイト、観察者網の1日付報道によると、バイデン米大統領はこのほど、「中国には2万3000マイル(約3万7000キロ)の高速鉄道があり、世界の高速鉄道営業距離の3分の2を占めている」とし「米国は後れを取っている」と語った。
バイデン氏は4月30日、全米鉄道旅客公社(アムトラック)の50周年を記念し、東部ペンシルベニア州フィラデルフィアの駅で演説し、米国のインフラ(社会基盤)整備は世界の他の地方に比べて後れを取っているとした上で、「中国には2万3000マイルの高速鉄道がある。時速は220マイル(約354キロ)に達し、世界の高速鉄道営業距離の3分の2を占めている。そして時速は400マイル(約643キロ)にもなる可能性がある」とした。
そして、「私たちは後れを取っている。しかし、アメリカは再び動き始めている。私たちはアメリカ合衆国にいることを覚えておく必要がある。私たちの能力を超えるものは何もない。一緒にやればできないことは何もない」と語った。
バイデン氏は3月末、8年間で2兆ドル(約220兆円)規模をあてるインフラ投資計画を発表している。(翻訳・編集/柳川)

#中国 #バイデン #高速鉄道 #世界


バイデン氏「高速鉄道建設で中国は世界の先頭、米国は後れを取っている」—中国メディア

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました