JR東日本が28日発表した2021年3月期連結決算は、純損益が5779億円の赤字(前期は1984億円の黒字)に転落した。新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道利用客が大幅に減少。1987年の旧国鉄民営化後で初の赤字となった。
売上高は前期比40.1%減の1兆7645億円、本業のもうけを示す営業損益は5203億円の赤字(同3808億円の黒字)だった。旅行や出張の抑制で新幹線などの利用が減少。駅構内店舗や駅ビル、ホテルも振るわなかった。ホテルなどで減損損失800億円を特別損失として計上した。
赤石良治常務は28日の記者会見で、「大変厳しい決算。度重なる感染拡大で移動が制限され、(事業の)根本が崩れている」と話した。

#赤字 #JR #民営化 #黒字


JR東、前期赤字5779億円=民営化後初—コロナで鉄道利用減

関連記事

【youtube】岡山県の魅力!井原デニムも!井原鉄道の井原駅でぶらり旅してみた

山陽電気鉄道6000系・5000系「シゴセンゴー」運転、記念ロゴで装飾

2021年8月27日(金)〜28日(土)ローカル鉄道をめぐる旅「九州鉄道記念館と門司港レトロ列車・平成筑豊鉄道を訪ねて」募集開始!

秩父鉄道に乗ってアニメ聖地をめぐろう!7月17日(土)開始『超平和バスターズトレインスタンプラリー』 〜数量限定記念乗車券と記念グッズの発売も!

鉄道のまち大宮『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト』私の好きな鉄道風景ベストショット 開催決定

えちごトキめき鉄道の455系・413系「観光急行」7月4日デビュー 運転時刻や乗り方をご紹介