西武鉄道は26日、新宿区により「新宿駅北東部地下通路線」(西武新宿駅と東京メトロ丸ノ内線新宿駅をつなぐ地下通路)の都市計画手続きが開始されたことを受け、この通路の事業予定者として、都市計画決定後の早期実現に向け、具体的な検討や関係者との協議を進めていくと発表した。現在のところ、工事期間は未定となっている。

西武新宿駅正面口改札付近

西武鉄道はこれまで、西武新宿駅からつながる新宿サブナードとメトロプロムナードを結ぶ新しい地下通路(約140m)の実現に向け、新宿区などの関係者と協議してきた。この通路が開通することにより、西武新宿駅と新宿駅(JR線・東京メトロ丸ノ内線)の乗換利便性が向上するとともに、新宿駅周辺の歩行者ネットワークが拡充され、まちとまち、駅とまちの回遊性が向上するという。

一例として、地下のみで移動した場合における「新宿駅北東部地下通路線」の時短効果は、西武新宿駅(地下階出入口)・メトロプロムナード間の場合、現在は約11分かかっているが、通路が開通すれば約5分となり、約6分の短縮となる。

西武新宿駅の駅舎外観
「新宿駅北東部地下通路線」位置図

この「新宿駅北東部地下通路線」事業により、西武鉄道は、東京都と新宿区が2018年3月に策定した「新宿の拠点再整備方針 ~新宿グランドターミナルの一体的な再編~」に定められる「新宿グランドターミナル」の実現に貢献するとしている。

#駅 #東京メトロ #西武鉄道 #地下鉄


西武新宿駅と東京メトロ新宿駅をつなぐ地下通路の整備計画が始動

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました