小田急ホテルセンチュリーサザンタワーは、新宿駅近くの高層フロアから小田急・JR各線のトレインビューが楽しめる同ホテルの立地を生かし、小田急電鉄の電車をテーマにしたコンセプトルーム3室を新設。4月23日から販売開始した。

運転台模型を設置した「パノラミックキングルーム」

コンセプトルームは「シ―ニックキングルーム」2室、「パノラミックキングルーム」1室の計3室。「シ―ニックキングルーム」では、8000形(1カ月前に引退した編成)の車内シートをソファー席として窓付近に配置。「パノラミックキングルーム」では、眼下に小田急線を望みながら列車の運転を疑似体験できる運転台模型や駅名標など設置する。

どちらのタイプの部屋でも、駅長・ロマンスカー乗務員のこども用制服を貸し出すサービスを行う。客室でのアンケートに協力した人へ、小田急オリジナルノベルティも進呈する(なくなり次第終了)。

8000形で実際に使用された車内シートを備える「シーニッキングルーム」

宿泊料金は、「シーニックキングルーム」が朝食付きで3万2,510円から、部屋のみで2万7,430円から。「パノラミックキングルーム」は朝食付きで3万5,810円から、部屋のみで3万730円から。いずれも2名1室利用時の1室料金とされている。

#小田急電鉄 #電車 #子鉄


小田急グループのホテル、電車がテーマのコンセプトルーム3室新設

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は