これまで、車両の運転席等から見える風景を収録した「前面展望」と呼ばれる作品は、数多くの車両・路線のものがリリースされてきました。それらの作品は、車窓前面の風景を楽しむことを主眼においています。しかし、本作品はVR映像によって、運転室にいる感覚を味わえる点が最大の特徴です。しかも貨物列車という、決して乗ることのできない車両での疑似体験が可能です。

VR映像の醍醐味として、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着して視聴することで、首の動きに合わせて、視点が移動することで、仮想現実を味わうことができます。

パノラマバージョンは上下180度左右200度、3Dバージョンは上下左右180度の視野角をもっています。視聴者は自分の見たい個所を自由に見ることができます。パノラマバージョンでは、背面に自車位置を見られるナビゲーションマップを入れる工夫も施しています。

【本企画の4つの特徴】
1 けっして乗ることができない車両
今回収録した機関車はEF65型。一度でも鉄道に興味を持った人ならば、知らない人はいない車両です。かつては東海道を走る花形列車「ブルートレイン」を牽引した車両でもあります。この機関車が走る姿を外から見ることはできても、運転室に入ることはできませんが、本作品はその夢を叶えてくれます。「出発進行!」、運転士の確認喚呼の姿も間近で見ることができます。

2 けっして体験できない区間
今回収録した区間は、JR貨物新鶴見信号場から東京貨物ターミナル駅までの約32分間。出発した列車は少しの間、湘南新宿ラインと並行しますが、尻手短絡線と呼ばれる線に入ります。ここは貨物専用路線です。その後、南武線を通り、専用の海底トンネルを抜けて終点へと向かいます。本作品はほぼ貨物専用線を通ることから、車窓風景も普段は見られない景色となっています。

3 60P 動画
通常の映像は1秒間に30フレームが基本となっていますが、本作品は倍の60フレームで撮影をしています。動きのある映像では、なめらかな動きが表現できます。

4 2つのバリエーション
前方視界上下左右180度の視野角を持つVR180規格の3D版と、上下180度左右200度の視野角+ナビゲーションマップ付きのパノラマ版の、2つのバリエーションを同時リリース。立体視の視聴に苦手な方でもお楽しみいただけます(動きを伴う映像のため、乗り物に酔いやすい方はパノラマバージョンにおいてもご注意ください)。

【タイトル】人気貨物列車で行こう EF65
【収録時間】約32分間
【画質】4K HQ仕様に対応
【VR対応デバイス】パソコン、iPhone、Android、Gear VR、Oculus Go、Oculus Quest、PlayStation VR
【税込価格】
3D(HQ)版 1,980円
3D(通常)版 1,480円
パノラマ(HQ)版 1,280円
パノラマ(通常)版 780円

DMM.Com動画(https://www.dmm.com/digital/)にて1年間、先行独占配信
【配信開始日】
2021年4月21日

#貨物列車 #車両 #特徴 #醍醐味


人気貨物列車で行こうEF65 すべての鉄道ファンに捧げたい、初の本格的鉄道VR作品!

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は