すべての鉄道ファンに捧げたい、初の本格的鉄道VR「人気貨物列車で行こうEF65」が発売。

これまで車両の運転席等から見える風景を収録した「前面展望」と呼ばれる作品は、 数多くの車両・路線のものがリリースされてきた。 それらの作品は、 車窓前面の風景を楽しむことを主眼においている。 しかし、 本作品「人気貨物列車で行こう EF65」はVR映像によって、 運転室にいる感覚を味わえる点が最大の特徴。 しかも貨物列車という、 決して乗ることのできない車両での疑似体験が可能。

VR映像の醍醐味として、 HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着して視聴することで、 首の動きに合わせて、 視点が移動することで、 仮想現実を味わうことも。パノラマバージョンは上下180度左右200度、 3Dバージョンは上下左右180度の視野角をもっている。 視聴者は自分の見たい個所を自由に見ることができます。 パノラマバージョンでは、 背面に自車位置を見られるナビゲーションマップを入れる工夫も。

1 けっして乗ることができない車両
今回収録した機関車はEF65型。 一度でも鉄道に興味を持った人ならば、 知らない人はいない車両。 かつては東海道を走る花形列車「ブルートレイン」を牽引した車両でもある。 この機関車が走る姿を外から見ることはできても、 運転室に入ることはできませんが、 本作品はその夢を叶えてくれる。 「出発進行!」、 運転士の確認喚呼の姿も間近で見ることができる。

2 けっして体験できない区間
今回収録した区間は、 JR貨物新鶴見信号場から東京貨物ターミナル駅までの約32分間。 出発した列車は少しの間、 湘南新宿ラインと並行しますが、 尻手短絡線と呼ばれる線に入る。 ここは貨物専用路線です。 その後、 南武線を通り、 専用の海底トンネルを抜けて終点へと向かう。 本作品はほぼ貨物専用線を通ることから、 車窓風景も普段は見られない景色に。

3 60P 動画
通常の映像は1秒間に30フレームが基本となっているが、 本作品は倍の60フレームで撮影。 動きのある映像では、 なめらかな動きが表現できる。

4 2つのバリエーション
前方視界上下左右180度の視野角を持つVR180規格の3D版と、 上下180度左右200度の視野角+ナビゲーションマップ付きのパノラマ版の、 2つのバリエーションを同時リリース。 立体視の視聴に苦手な方でもお楽しみいただける(動きを伴う映像のため、 乗り物に酔いやすい方はパノラマバージョンにおいてもご注意を)。

人気貨物列車で行こう EF65

【収録時間】約32分間
【画質】4K HQ仕様に対応
【VR対応デバイス】パソコン、 iPhone、 Android、 Gear VR、 Oculus Go、 Oculus Quest、 PlayStation VR
【税込価格】
3D(HQ)版 1,980円
3D(通常)版 1,480円
パノラマ(HQ)版 1,280円
パノラマ(通常)版 780円
DMM.Com動画 にて1年間、 先行独占配信
【配信開始日】
2021年4月21日

#貨物列車 #車両 #発売 #特徴


人気貨物列車で行こうEF65! すべての鉄道ファンに捧げたい、初の本格的鉄道VR作品!

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました