横浜市交通局は、市営交通100周年を記念し、懐かしい写真で100年の歴史を振り返る「ギャラリートレイン」の運行を4月14日から開始した。

ギャラリートレインに昔の写真を掲出し、100年の歴史を振り返る
ギャラリートレインに設置するハート形の吊り輪
100周年ヘッドマークを掲出したブルーラインの車両

「ギャラリートレイン」は5月13日までの期間限定で運行され、懐かしい街並みを走る市営交通のポスターや、市営交通の今を伝えるドキュメント広告「100の一歩」などの掲出物で車内を埋め尽くす。あわせて「市営交通からの感謝の気持ち」として、1両に1つだけハートの吊り輪を設置する。

その他、市営地下鉄ブルーライン全36編成とグリーンライン全17編成で100周年記念ヘッドマークを掲出する。期間は12月までを予定している。

#地下鉄 #電車


横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

関連記事

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ