2021年3月に鉄道事業を終了した秋田臨海鉄道が、5月1日・2日の2日間にわたり「国鉄型ディーゼル機関車運転体験会」を実施する。

使用するのはラッセル機関車として活躍し、最終日の列車運行という大役も果たした、DE10-1251号機(1981年製、元DE15-2526号機)。かつては北海道で釧網線の貨物列車や「冬の湿原号」をけん引したこともある。横向きの運転台内には国鉄を示す「JNR」マークも残る、40歳の機関車だ。

同社は今回の企画のためだけに元機関士を招聘する。「諸般の事情により今回が最初で最後の機会となるため、重厚なディーゼル機関車を運転する貴重な経験になると思います」と語る。

募集人数は2日間延べ28名で、1時間ごとに2名単位で開催する。対象者は中学生以上で、新型コロナウイルス感染症対策のため秋田県民に限定する。料金は25,000円で、運転体験のみならず機関庫等の見学会や記念DVDなどの特典が付く。

募集締め切りは4月18日。同社HPで配布されている申込書に必要事項を記載し、メールまたはFAXで応募する。当選者への通知は4月23日までに行われる。

鉄道チャンネル編集部
(画像:秋田臨海鉄道)

#国鉄 #ディーゼル #北海道


「最初で最後の国鉄型ディーゼル機関車運転体験会」秋田臨海鉄道が5月開催(秋田県民限定)

関連記事

ICOCA利用でポイント還元 丹波市が鉄道利用増進図る 7月から

切ったら祟られる?巨大「ご神木」と共存する駅

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始