第3弾ラッピングデザイン

若桜鉄道の「隼」ラッピング車両のデザインが一新される。お披露目予定は2021年4月29日。

スズキ製バイク「隼」ラッピング車両とは

若桜鉄道の隼駅はSUZUKIのバイク「隼」と同名であることから、同駅はライダーの聖地とされている。毎年8月に開催される「隼駅まつり」には、北海道から沖縄まで全国から2,500台あまりもの大型バイクが集まるという。

そうした事情やライダー達の想いにメーカー、鉄道、地元が応えたのが「隼」ラッピング車両だ。若桜鉄道及び若桜町・八頭町とスズキが協力し、2016年3月より運行を開始した。

現在のラッピングデザインは2019年3月に一新されたもので、デザイン一新にともない4月9日の運行をもって見納めとなる。

4月9日(金)の隼ラッピング列車運行スケジュール

鉄道チャンネル編集部
(画像:若桜鉄道運行対策室)

#桜 #車両 #デザイン #バイク


若桜鉄道「隼」ラッピング車両、第3弾のデザイン決定 お披露目は4月末

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券

速くて便利な「高速鉄道」が誕生し、普及してきた経緯=中国

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!