JR九州は、4月10日に「鹿児島本線130周年ウォーク」を開催すると発表した。黒崎駅からスタートし、鹿児島本線が開業した1891(明治24)年当時の路線(旧大蔵線跡)をたどる。尾倉橋梁、大蔵駅跡、茶屋町橋梁を経て、当時の小倉駅である西小倉駅まで歩く約12kmのコースとなる。

4月10日の「鹿児島本線130周年ウォーク」にて、小倉総合車両センターが特別開放される

行程の途中、参加者限定で小倉総合車両センターを特別開放し、整備中の「SL人吉」の展示や鉄道グッズ・鉄道車両部品などの販売を行う。社員食堂も特別に開放する。入場の際、受付時に黒崎駅で配布するコースマップが必要となる。

「鹿児島本線130周年ウォーク」は黒崎駅にて、8時30分から11時までスタートを受け付ける。西小倉駅でのゴール受付は15時までとなっている。

#JR九州 #鉄道イベント #蒸気機関車 #電車 #客車


JR九州「鹿児島本線130周年ウォーク」小倉総合車両センターを開放

関連記事

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更

えちごトキめき鉄道 413系 455系 3両編成、7月4日から営業運転