JR東日本は6日、2020年度の鉄道営業収入(推計値)が、新型コロナウイルス感染拡大前の18年度と比較して49・4%減と半減し、過去最大の落ち込みになったと発表した。

内訳では、買い物や観光などの定期外収入が18年度比で57・2%減だった。特に新幹線や在来線特急などの中長距離は71・4%減と大幅に落ち込んだ。通勤や通学などの定期収入は27・7%減で、比較的落ち込みは小さかった。

#収入 #JR東日本 #営業 #新型コロナウイルス


JR東日本の鉄道営業収入、過去最大の落ち込み…コロナ前から半減

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用