南海電気鉄道は4月3日、Visaのタッチ決済とQRコードで電車を利用できる実証実験を開始した。国内の鉄道事業者では2例目となるVisaのタッチ決済の概要と導入の狙いについて解説する。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

鉄道では2例目となる
南海電気鉄道の実証実験

南海電気鉄道は4月3日、ビザ・ワールドワイド・ジャパンが提供する非接触決済サービス「Visaのタッチ決済」と、専用アプリ上で事前に購入した「南海デジタルチケット」からスマートフォンに表示したQRコードで電車を利用できる実証実験を開始した。

公共交通におけるVisaのタッチ決済は、2020年7月に茨城交通の高速バスの運賃支払いに初めて導入されると、9月に岩手県北バス、10月に福島交通と会津バスが相次いで導入し、11月には鉄道事業者として初めて、京都丹後鉄道が導入。今年に入ってからも1月に北海道の北都交通、2月に長電バス、3月に京福バスで導入され、今回の南海を含め、1年で計9事業者にまで広がっている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

#実証実験 #南海電鉄 #訪日外国人 #再開


「南海電鉄」が訪日外国人の受け入れ再開に備えて始めた実証実験とは

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました