姫路駅名物「えきそば」や駅弁の販売で知られるまねき食品(兵庫県姫路市)が4月1日、冷凍駅弁や冷凍えきそばを販売するオンラインショップを開設した。

「まねきの冷凍えきそば」イメージ
冷凍駅弁各種イメージ
「瀬戸内真鯛のお茶漬け」イメージ

「まねきの冷凍えきそば」は3月23日に発売されたばかり。1949(昭和24)年に誕生した伝統の味「えきそば」を家庭でいつでも食べられるように開発された商品で、「お店で提供している味を忠実に再現した」と同社。1食390円、6食セット2,340円で販売する。温めるとできたての味を楽しめる冷凍駅弁(但馬牛めし、穴子めし、おかめ弁当)とのセット販売も行う。

その他、「瀬戸内真鯛のお茶漬け」「但馬牛と淡路玉葱の牛丼」「リモート飲み会用オードブルと名酒のセット」などが販売される。

#駅弁 #グルメ #駅 #子鉄


姫路駅名物「えきそば」家庭でも! まねき食品がオンライン販売開始

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題