小田急電鉄の「ロマンスカーミュージアム」が早くも話題となっている。2021年4月19日にオープンするが、内部はどうなっているのか、楽しむポイントはどこかなど、見どころを一足先にご案内しよう。

ロマンスカーミュージアムへ

小田急電鉄、相模鉄道、JR相模線が交わる海老名駅(神奈川県)。その小田急線の駅に隣接した場所にロマンスカーミュージアムはある。西口改札を出てペデストリアンデッキを左に進むとすぐのところにミュージアムのエントランスが見えてくる。
チケットを購入して中に入る(当面、事前予約制)。ここは2階なので、まずは、エスカレータで1階へ。

創業時の名車「モハ1」がお出迎え

降りたところには古色蒼然とした茶色の電車が置いてある。「モハ1」という小田急開業当時(1927年)の車両で、近距離用だった。サイドに付いている行先表示板の稲田登戸(右から読む)とは向ヶ丘遊園駅のことである。後部ドアの上部から車内をのぞくことができる。

モハ1の脇はヒストリーゾーンになっていて、小田急の歴史を振り返る4分30秒ほどのショートムービーが投影される。

ロマンスカーギャラリーで歴代の名車とご対面

順路に従って進むと、ミュージアムのハイライトというべきロマンスカーギャラリーがある。歴代のロマンスカーが3編成並んでいる。左から、初代「SE」(3000形、1957年登場)、「NSE」(3100形、1963年登場)、「LSE」(7000形、1980年登場)だ。

SE

SE(Super Express)は、画期的な流線形車両としてデビュー。当時の国鉄にはまだ特急電車がない時代で、国鉄に貸し出して高速走行試験を行い、狭軌の鉄道における世界最高速度・時速145kmを達成している。この結果が国鉄初の電車特急「こだま」を経て、新幹線開業につながったといわれている。

NSE

NSE(New Super Express)はロマンスカー初の前面展望車で、運転台を2階に上げるスタイルの始まりとなった。筆者が初めて乗ったロマンスカーであり、何回も箱根まで往復した懐かしい車両だ。

LSE

LSE(Luxury Super Express)は、2018年まで活躍していたので、乗ったことがある人も多いのではないだろうか。SEとNSEは車内見学ができるが、LSEは車内への立ち入りはできない。

HiSE

SE車とNSE車の編成の脇を通り過ぎると、奥にはHiSE(Hi は High decker, High grade などを表し、特定の単語の略号ではないという)(10000形)とRSE(Resort Super Express)(20000形)が置いてある。HiSEは1両のみの保存で、そのため後部の連接台車の様子がよく分かる。

この車両はバリアフリーではないことが災いし、後から登場したLSEよりも引退が早まった。幸い、2編成が長野電鉄に譲渡され、短い4両編成となりながらも「ゆけむり」として長野〜湯田中間で活躍中である。

RSE

RSEは、JR御殿場線直通の「あさぎり」の2代目として1991年に登場。JR東海の371系とともに活躍した。JRへ乗り入れることもあって前面展望はなく、代わりに2階建て車両を連結していた。ミュージアムでは、2階建て車両も展示され、車内見学もできる。2階建て車両の2階はJRのグリーン車に相当するスーパーシートで、通路を挟んで1人掛けと2人掛け座席が並び、実にゆったりしている。

5種類のロマンスカーを見学した後は、RSEの2階建て車両脇にあるロマンスカーアカデミアIに移る。この展示エリアでは、小田急の歴史をまとめた年表や複々線化事業の中でも困難を極めた下北沢付近の地下の様子が模型で展示されている。また、講演やワークショップも行われる。

巨大なジオラマは圧巻!

2階に上がると、まずはジオラマパークに目が行く。新宿から箱根、江ノ島まで沿線の特徴を模型化し、現役のものを含めて10種類のロマンスカーと5種類の通勤型車両が走り回る。早朝から昼、そして深夜までの移り変わりを見せてくれる。
箱根湯本駅前では箱根駅伝のランナーや先導車も模型化されているなど、楽しい仕掛けも。さらに9分間の映像と音響、照明で演出するジオラマショーも上映。一見の価値がある。

子どもたちには楽しいキッズロマンスカーパーク

キッズロマンスカーパークは、多種多様な用具を取り揃えた子ども達の遊び場。「こうさくしつ」では、ペーパークラフト体験を楽しめる。

定番のシミュレータとデジタル・コンテンツ

鉄道ミュージアムでは定番のシミュレータは、LSEの運転台を再活用したもの。実際に撮影した映像を使って本格的な運転士体験ができる。こちらは抽選制で、当選すると500円でシミュレータ体験が可能だ。そのほか、手の動きに合わせて線路が敷かれ、町ができていくインタラクティブアート「電車とつくるまち」もあり、デジタルならではの興味深いコンテンツだ。

本物のロマンスカーを眺めるビューテラス

屋上にはステーションビューテラスがあり、隣接した海老名駅を発着する小田急の電車を見ることができる。ロマンスカー通過、発着時刻、車種を示したボードがあるので、時間まで待機して現役のロマンスカーの走りを楽しめる。
障害物が多いので、すっきりした写真を撮影するのは難しいかもしれない。あくまで、親子で電車を眺めるスポットであろう。

ミュージアムショップ&カフェ

2階にはミュージアムショップ「TRAINS」があり、ミュージアムでしか買えない限定商品など様々なグッズがある。種類が多いので目移りしてしまうし、あっという間に散財してしまうかもしれない。子連れは相当の出費を覚悟したほうがいいだろう。

ミュージアムカフェ「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSE」は、駅から続く通路(ペデストリアンデッキ)に面しているので、入館者以外の人も利用可能だ。ホットドッグ、クラフトビール、スイーツなど多様なメニューが用意されている。

かつて「走る喫茶室」として親しまれたロマンスカー車内でのサービス・メニュー「クールケーキと日東紅茶のセット」も再現。ただし定価は当時のものではなく700円である。蓋のようにみえるけれど、そのままいただける「飲める車両図鑑」もユニークだ。店内は椅子席エリアとソファー席エリアに分かれ、駅寄りのソファー席の一部からは海老名駅を発着する小田急線が間近に望める。

営業時間、料金など

営業時間:10時〜18時(最終入館17時30分)
休館日」第2・第4火曜日(例外あり、詳しくは公式サイトにて)
料金 大人(中学生以上)=900円、小学生=400円、3歳以上の幼児=100円
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当面は事前予約制。4月1日12時から予約を受け付ける。詳細は公式サイトを参照

海老名駅までのアクセス

■小田急
新宿から快速急行で45分、510円
小田原から快速急行で41分、470円
(名古屋、京阪神からは、東海道新幹線「こだま」や小田原に停車する「ひかり」で小田原まで来て、小田急に乗り換えるのが便利)
海老名停車のロマンスカーあり(特急料金、新宿から570円、小田原から520円)
■相鉄
横浜から特急(特急料金不要)で26分、320円
■JR&相鉄
東京駅から横須賀線に乗車、西大井あるいは武蔵小杉で相鉄線直通海老名行きに乗り換え73分、890円
■JR相模線
茅ヶ崎から31分、330円
八王子から横浜線、橋本乗りかえで約45分、510円
※運賃は、紙のきっぷの値段。Suica、PasmoなどのICカード乗車券利用時は若干安くなる場合がある
取材協力:小田急電鉄、ロマンスカーミュージアム
(文:野田 隆(鉄道ガイド))

#ロマンスカー #ミュージアム #開業 #車両


【4月19日開業】「ロマンスカーミュージアム」は歴代の名車両が勢揃い! 鉄道ファン必見の博物館

関連記事

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更