コンテナ82個を積んだ貨物列車が29日午後、ウルムチ鉄道局巴州コルラ貨物センター駅を出発し、ジョージアに向かいました。これにより、南疆(新疆ウイグル自治区南部)で初めての現地通関の中欧班列(中国・欧州定期列車)が正式に運営を開始しました。
9401便の汽笛が鳴るとともに、82個のコンテナを積んだ1600トンの農産物専用列車がゆっくりと発車し、コルガスを経てジョージアに向かいました。
かつては貨物を輸送した後に組み立てと集結を行って初めて輸出が実現しましたが、この列車は中欧班列として貨物を輸送することで、出荷地と目的地を直接結ぶことができます。これにより、貨物の速やかな輸送を保証できるほか、輸送費用を節約し、輸送時間を大幅に短縮することができます。(提供/CRI)

#通関 #コンテナ #ジョージア #貨物列車


南疆初、現地通関の中欧班列が正式に運営開始

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題