JR東日本は30日、伊豆エリアへの観光特急列車「サフィール踊り子」の新メニューお披露目会を実施した。4月1日からカフェテリア(4号車)で提供するメニューをリニューアルし、「ミシュランガイド東京」で長年高い評価を受けているイタリア料理店「Ristorante HONDA」のシェフ、本多哲也氏が監修した新メニューを提供する。

品川駅8番線ホームに入線した「サフィール踊り子」(E261系)

「サフィール踊り子」は2020年3月のダイヤ改正に合わせてデビュー。毎日運転の「サフィール踊り子1・2号」をはじめ、臨時列車の「サフィール踊り子3・4・5号」も設定され、東京・新宿~伊豆急下田間で運転される。E261系8両編成を使用し、1号車はプレミアムグリーン(1列+1列)、2~3号車はグリーン個室、4号車はカフェテリア、5~8号車はグリーン車(2列+1列)となっている。

4号車のカフェテリアでは、これまで「サフィール踊り子」限定ヌードルを提供してきたが、3月31日をもってヌードルメニューの提供を終了。代わってミシュラン星付きの名店による特製パスタなどが登場する。監修した本多シェフは、イタリアの三ツ星レストランで修業し、副料理長も務めた後、2004年に「Ristorante HONDA」を開業。緻密で美しく、健康的で美味な料理で定評があり、ミシュラン一ツ星を13回獲得している。



「サフィール踊り子」の車両E261系の外観

4月1日から提供される新メニューのうち、「伊豆産フレッシュトマトのスパゲティ」(1,100円)と「サザエとリングイネのジェノベーゼ」(1,350円)、「HONDA プレミアム渡り蟹カレー」(1,850円)がメインメニューに。新メニューお披露目会では、グリーン個室にて「伊豆産フレッシュトマトのスパゲティ」が提供され、試食も行われた。パスタはベーシックなトマトソースと絡み、軽やかな味わい。伊豆産フレッシュトマトは程よく酸味があり、果物のような甘さも感じられる。

本多シェフによれば、「伊豆産フレッシュトマトのスパゲティ」は伊豆の内陸部(山・畑など)を表現したとのこと。一方、「サザエとリングイネのジェノベーゼ」は地元の海の幸を使い、伊豆の海を表現。もうひとつのメインメニュー「HONDA プレミアム渡り蟹カレー」に関して、「僕は小田原の出身。早川港でよく釣りをして、渡り蟹も釣っていて、その思い出を形にしました」と話す場面もあった。マンゴーやバナナなどの南国フルーツがソースに溶け込み、まろやかな味だという。

インタビューに応じたJR東日本営業部の中村圭助氏
新メニューを監修した本多哲也シェフ
「サフィール踊り子」のカフェテリア(4号車)


カフェテリアは落ち着きのあるブラウンを基調としたデザイン。テーブル席とカウンター席が設置されている


テーブル席に本多シェフ監修の新メニュー(パスタ・カレー)が並ぶ

その他にも、こども向けの新メニューとして、やわらかな食感のショートパスタを使用した「ペンネのトマトソース」(900円)を提供。すべてのパスタメニューにパンとミネラルウォーター、「HONDA プレミアム渡り蟹カレー」にはミネラルウォーターが付く。

パスタとカレーに関して、プレミアムグリーン(1号車)とグリーン車(5~8号車)の乗客は4号車のカフェテリアにて提供を受けることになるが、グリーン個室(2~3号車)の乗客にはデリバリーで提供される。グリーン個室限定の新メニューとして、2名用のおつまみセット「チーズピンチョスアソート」(2,400円)もあり、新メニューお披露目会でも各個室に用意され、自由に試食できた。



グリーン個室にて「伊豆産フレッシュトマトのスパゲティ」を提供。パンとミネラルウォーターも付く。「チーズピンチョスアソート」も用意された

新メニューお披露目会では、JR東日本営業部輸送戦略グループの中村圭助氏がインタビューに応じ、「コロナ禍で列車全体の利用が低迷する中、サフィール踊り子は昨年来より多くのお客様にご利用いただいています。海外旅行に行くことが難しい昨今、伊豆には素晴らしい自然と温泉があります。サフィール踊り子で移動自体を楽しみつつ、旅行していただければ」とコメント。3月26日からカフェテリアの営業を再開しており、「現在は3月末から4月下旬の予約を承っています。おかげさまで個室を中心に満席、その他のグリーン車も約8割の予約をいただいています」とのことだった。

デビューから約1年でメニューをリニューアルすることに関して、「1年目のヌードルも、お客様から大変な好評をいただいていました。2年目以降、これまでご乗車いただいているお客様、また新しいお客様がいる中、昨年秋頃から本多シェフと相談し、お客様に喜んでいただけるように、メニューをリニューアルすることになりました」と中村氏。「ヌードルについてはグリーン個室へのデリバリーも行うため、のびてしまわないように麺自体の開発もかなり苦労しました。限られた車内設備で、多くのお客様に食べていただきたいという思いもあり、比較的簡単にお出しできる麺類で、かつおいしさも追求できるということで(パスタを)採用しています」とも話していた。

なお、「サフィール踊り子」のカフェテリアで提供するメインメニューは、予約時間ごとに提供数を限定しており、専用モバイルオーダーサービス「サフィール Pay」から事前予約を行う必要がある。予約状況によっては当日の車内で予約できる場合もあり、「アテンダントにお問い合わせください」とのこと。ただし、カフェテリアが満席の場合、当日予約は不可となる。
















「サフィール踊り子」のグリーン個室(2号車)

#駅弁 #グルメ #観光列車 #JR東日本 #電車 #特急列車


JR東日本「サフィール踊り子」パスタなど4/1からの新メニュー披露

関連記事

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ