マルイチ エアリアル エンジニア株式会社(本社:東京都中央区、以下maec)は、自社の保有する特許工法を株式会社マルイチ(maec親会社、新潟村上市、以下マルイチ)にライセンス。鉄道沿線木の特殊伐採技術として、maecの特許工法がマルイチにて実務展開を開始しました。

maecの親会社であるマルイチは、maecの保有する新たな特許工法にもとづく技術を用い、2021年1月、2月に鉄道が運行する日中に、安全に鉄道沿線木の伐採作業を行ないました。

maecの代表取締役 #酒井順子 は、「今回のマルイチでのmaec特許工法を用いた鉄道沿線木の伐採の成功を皮切りに、鉄道沿線のみならず、他業界での特殊伐採のニーズに、今まで以上に、“安全”“安心”な技術を持って、提供していけるだろう。また、これまで以上に、難関な樹木の伐採に対応していけるだろう。」と述べています。

maecについて

maecは、特殊伐採の現場から、ヒントを得て特許化し、現場の作業をより安全・安心・スムーズに行なうことが出来るような“ロープワーク”を行なうすべての業界に広く適用可能な製品・システムの企画・開発・製造し、ワールドワイドに展開。また、それら技術の特許・ノウハウに係るライセンスを行ないます。 (website: https://maec-2.jimdosite.com/)

マルイチについて

マルイチは、様々な工法を用い、難所、難関な樹木に対する特殊伐採を行ないます。高いクライミング技術と伐採技術を持つ社員たちが、安全に美しく、スピーディーに、作業します。マルイチの現代の“空師”としての作業は、こちらでご参考ください→https://www.youtube.com/watch?v=5JroFKDBiXQ (website: https://www.maruichi01.co.jp/)

*maecおよびmaecのロゴは、マルイチ エアリアル エンジニア株式会社の登録商標です。

#エンジニア #東京


maec、自社の保有する特許工法がマルイチを通じて実務展開開始

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題