スカパーJSAT株式会社は、ARで西武鉄道の特急車両「Laview」を再現する取り組み「鉄道親子でAR体験 どこでもラビュー」を4月より提供する。

AR体験用アプリ「STYLY」を使い、スマートフォン上にいつでもどこでも「Laview」を出現させるというもので、買い物帰りや近所の公園、家の中など日常生活の中で、コロナ禍においては難しくなった「いつでも、どこでも電車に触れたい」という鉄道ファンの願いを叶える。

アプリを使えば、電車の下部を覗き込む、電車にまたがった写真を撮るなど、これまでにない「鉄道のある生活」を体験することも可能だ。

エキスプレス、カルチュア・エンタテインメント、西武鉄道の三社が協力。アプリを使って楽しむ様子は「鉄道チャンネル」番組内や、子供向け鉄道雑誌「鉄おも!」誌面上、その他SNSなどで鉄道ファンと共有し、ファン同士で交流できる「場」の提供も目指す。

「鉄道親子でAR体験 どこでもラビュー」の実施期間は2021年4月1日〜6月30日(予定)。AR体験用のQRコードを以下のいずれかの方法で取得し、AR体験用アプリ「STYLY」をダウンロードすれば楽しめるようになる。

<AR体験用QRコード入手方法>
・「鉄おも!」(4月1日発売 vol.160)を購入
・スカパー!オンデマンドで「どこでもラビュー特別セット」を購入
・鉄道チャンネルに加入
・鉄道チャンネルオンデマンドを購入

その他詳細は特設サイトにて4月上旬に公開予定。Instagram公式アカウントも同時期に開設する。

#西武 #スカパー #親子 #株式会社


ARで西武「Laview」を完全再現! スカパー「鉄道親子でAR体験 どこでもラビュー」

関連記事

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更