JR西日本グループの富山ターミナルビル社は、2022年春開業予定の「南西街区商業施設(仮称)」について、施設名称を「MAROOT(マルート)」と発表した。

富山駅周辺全体イメージ
「マルート」完成イメージ

「マルート」の施設名には、暮らしに必要なものを「まるっと」そろえ、地域の暮らしの根底(=root)を支える役目を担うとの意味が込められた。戦災からの復興を機に開業した富山駅ビルの原点「まると百貨店」にもちなんでおり、「復興とその後の発展を果たした力強い富山の人々へのリスペクトと、これからも富山の人々による富山の人々のためになる施設であり続ける決意」を込めたという。

施設名と同時に公表されたロゴは、「MAROOT」の「O」が重なり合ったデザインに。昭和の草創期を表現するグレーと、新たな広がりを表現する「希望の青」が重なり合うことで、世代や時代を超えた「まち」の記憶の継承を表現したという。施設レイアウトや施設デザインの詳細、入居店舗の詳細などは決まり次第、改めて発表される。

#駅 #JR西日本


JR富山駅、南西街区商業施設の名称「マルート」に – 2022年春開業

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券

速くて便利な「高速鉄道」が誕生し、普及してきた経緯=中国

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!