しなの鉄道に所属する115系S16編成・S26編成は、2021年3月ダイヤ改正から新型車両SR1系(一般車)が営業運転についたのにあわせ、7月末に営業運転を離脱する。

上画像は、北しなの線 豊野〜牟礼を行くしなの鉄道115系S16編成。下画像はしなの鉄道線 テクノさかき〜坂城を走る同S26編成。

しなの鉄道115系S16編成は1980年3月に日立製作所で、S26編成は1981年6月に川崎重工業で製造されたモデル。

落成時は当時の国鉄 長野鉄道管理局 松本運転所と北松本支所に配置された。

S16編成は、1999年にリニューアル工事を実施。S26編成の妙高高原寄りクモハ114形は1988年、運転台を取り付ける工事を実施した。

こうしたリニューアル工事や改造工事を受けたあと両編成は、大規模な工事を受けることなく長野・松本地区を中心に活躍した。

当時のJR東日本からしなの鉄道へ転入したのは、S16編成が2015年3月12日、S26編成が2013年6月1日。

S16編成は、JR東日本管内の115系グループのなかで、初期のうちにリニューアル工事を実施。

それに対してS26編成は、しなの鉄道所属車両のなかでは珍しく内装等の大規模なリニューアル工事を実施せず、製造当初の面影を強く残している編成だった。

2017年夏にはS16編成が、2018年秋にはS26編成が横須賀色へ塗色を変更し、注目を集めていた。

◆しなの鉄道 新型車両 SR1系200番台 S203 S204 編成、屋代駅構内を単独で初走行
https://tetsudo-ch.com/11228610.html

#車両 #引退 #国鉄 #営業


しなの鉄道 115系 S16 S26編成が7月末に引退、新型車両 SR1系登場で置き換え_国鉄新製から40年

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題