小田急電鉄は、代々木八幡駅に長さ124mの交通広告看板を設置すると発表した。駅改良に合わせ、下り線に設置した連続した壁面を活用し、キリンビバレッジ「キリン午後の紅茶」発売35周年企画「午後の紅茶 しあわせ写真館」の広告を展開する。

代々木八幡駅の広告看板掲出イメージ
「午後の紅茶 しあわせ写真館」広告イメージ

「午後の紅茶 しあわせ写真館」の広告では、家族・同僚・友達など、人と人とのさまざまな関係性の中から幸せな瞬間を切り取った写真と、「午後の紅茶」の商品写真をキャッチコピーとともに展開。小田急電鉄によれば、今回設置した交通広告看板は日本最長だという。

同社は代々木八幡駅に設置した壁面の特徴である連続性を最大限に生かすため、今後も1期間1社の広告掲出を行う予定。「ホームからの視認性が非常に高く、走行中の車窓からご覧いただけば、ストーリー性の高い内容を発信しやすい」と説明する。今回のようなロングラン商品の周年をテーマにした広告のほか、歴史的資料などを用いた企業PRでの活用なども想定している。

#駅 #小田急電鉄


小田急電鉄、代々木八幡駅に「日本最長」長さ124mの交通広告看板

関連記事

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更

えちごトキめき鉄道 413系 455系 3両編成、7月4日から営業運転