JR東日本東京支社は17日、車いす利用者などへの案内におけるサービス品質のさらなる向上を図るため、「お客さま乗降連絡アプリ(社員用)」を3月18日から山手線各駅で導入すると発表した。

「お客さま乗降連絡アプリ(社員用)」画面イメージ
「お客さま乗降連絡アプリ(社員用)」を活用した案内の流れ

「お客さま乗降連絡アプリ(社員用)」では、利用者からの申込み内容を乗車駅係員が業務用タブレット端末を使用してアプリに入力することで、関係する駅と乗務員が申込み内容を確認できるようになる。これにより、利用者を待たせる時間を短縮し、確実な案内を図るとしている。

「お客さま乗降連絡アプリ(社員用)」の導入は3月18日10時から。山手線の全30駅に導入される。JR東日本では、今後も車いす利用者や介助が必要な利用者が安心かつスムーズに利用できるように、サービス品質の向上に努めていくとのこと。

#駅 #JR東日本 #鉄道技術


JR東日本、山手線「お客さま乗降連絡アプリ(社員用)」3/18から導入

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました