えちごトキめき鉄道 鳥塚亮 代表取締役社長は3月15日、石川県のJR松任工場でクハ455-701を受領したことを「鳥塚亮の地域を元気にするブログ」で発表した。

鳥塚社長はすでにJR西日本七尾線から引退した413系電車3両(B6編成)を譲り受けたと伝えており、今回の発表では、最初に受領した3両のうち1両(クハ412-6)をクハ455-701と取り替えた3両編成で、土休日を中心に観光列車として運転することを明かした。取り替えたクハ412は直江津駅構内にオープンする「D51レールパーク」に展示する。

塗装については「本日受領したクハ455に合わせて、往年の国鉄交直両用急行列車を再現するべく、現在、松任工場で当時の塗装に塗り替えています」(同ブログ)とのこと。作業が順調に進めば、4月上旬から中旬ごろに直江津に甲種回送で搬入予定。ATS改良工事や確認申請などを行い、5月中の営業運転開始を目指す。

新しい観光列車では一部車内に仮設のテーブルを付ける程度の改造を施し、地元の料理を提供する企画があるという。また、各種グッズ・記念乗車券などの販売も行う。

鉄道チャンネル編集部
(写真提供:えちごトキめき鉄道)

#受領 #トキ #取締役 #ブログ


えちごトキめき鉄道、クハ455-701を受領

関連記事

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ