JR九州と添田町は15日、日田彦山線の添田~夜明間をBRT(バス高速輸送システム)で復旧するにあたり、添田町が彦山駅の現駅舎を撤去することを決定したと発表した。

彦山駅現駅舎撤去工事の範囲(JR九州提供)

日田彦山線の添田~夜明間に関して、BRT(バス高速輸送システム)で復旧することが2020年7月16日の第6回日田彦山線復旧会議で決定。添田~彦山間は一般道を走行し、彦山~宝珠山間をBRT専用道とする。駅以外の停留所新設・駅周辺整備など、地域住民や来訪者が利用しやすく、地域の活性化につながる日田彦山線となることをめざすという。

彦山駅の整備イメージ(添田町提供)

彦山駅の現駅舎撤去に至った理由について、現在の彦山駅は築80年が経過し、老朽化が進んでおり、将来にわたって維持し続けることが困難であることを挙げる。駅舎の基礎まで撤去することにより、ホームまでの段差がなくなり、利用しやすくなること、駅前広場が広く活用できることなども理由としている。

駅舎撤去後、桜を残した整備、イベントスペースや大型バス等が駐車できる駐車場としての利用も可能な広さの駅前広場の整備、既存の休憩所と一体となるような待合所の整備など、JR九州と添田町で協力しながら、「魅力ある彦山駅」となるための整備を計画していくとのこと。駅舎撤去は2021年3月から、JR九州が順次工事を進める予定となっている。

#駅 #JR九州 #バス #BRT #鉄道災害 #復旧 #鉄道路線の廃止


JR九州と添田町、BRT導入にともない日田彦山線彦山駅の現駅舎撤去

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました