京福電気鉄道は、北野白梅町駅の新駅舎を3月25日から供用開始すると発表した。北野白梅町駅の新駅舎は、嵐山駅をデザインしたデザイナー、森田恭通氏が、「白梅」をモチーフにデザインした。

北野白梅町駅の新駅舎イメージ

京都産の木材「みやこ杣木(そまぎ)」を天井の全面に用い、駅係員が乗車案内や観光案内などを行うインフォメーションコーナーを設置。デジタルサイネージも2台設置し、嵐電沿線や西陣・北野エリアの映像を流す。新駅舎は鉄骨造平屋建て、建築面積は43.68平方メートルとされている。

なお、京都市バス急行102号系統のバス停併設による交通結節の強化、スロープ設置やホームかさ上げなどのバリアフリー化、多目的トイレ設置工事は昨年3月に完了している。

#駅 #電車 #路面電車 #LRT


嵐電北野白梅町駅の新駅舎3/25供用開始、京都産の木材を天井全面に

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました