JR東日本水戸支社は、3月14日から「常磐線全線運転再開1周年キャンペーン」を開催する。東日本大震災の発生以降、常磐線は一部区間で運転見合わせが続いていたが、2020年3月14日に全線で運転再開。間もなく1周年を迎えることを記念し、さまざまな取組みを通して沿線の歴史・文化や新たな魅力の発信に取り組む。

「常磐線全線運転再開1周年キャンペーン」ポスター(JR東日本水戸支社提供)

キャンペーン開始前の3月12日から、常磐線を走るE531系に全線運転再開1周年記念ヘッドマークを掲出。4月下旬頃まで運転予定となっている。1周年当日の3月14日、いわき駅3番ホームにて、同駅9時22分発のヘッドマーク列車(原ノ町行)に合わせて出発合図も行う。

3月14日から6月30日まで、御朱印帳を模したパンフレット「遊印帳」にスタンプを押しながら浜通りのおもな施設を周遊する「浜街道遊印帳めぐり」も実施。いわき・双葉・相馬の各エリアを達成した人に、ヘッドマークデザインを施した「遊印紙」をプレゼントする。

常磐線で活躍するE531系(JR東日本水戸支社提供)
全線運転再開1周年記念ヘッドマークイメージ(JR東日本水戸支社提供)

南相馬市立中央図書館では、3月14日に地域と連携したイベントを開催。地元高校生による1周年オリジナル加工品販売やミニSL乗車体験、絵画展示などを行う。泉駅、湯本駅、いわき駅、原ノ町駅、相馬駅では、オリジナルの駅スタンプ台紙を制作。裏面は駅ごとに異なるデザインデザインを楽しめる。

#JR東日本 #電車


JR東日本、常磐線の全線運転再開1周年を記念したキャンペーン開催

関連記事

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更