東武トップツアーズは9日、東武鉄道200型「りょうもう」が2021年に就役30年を迎えることを記念し、ソーシャルディスタンス(2席を1人で使用)に配慮した、北館林車両解体場と南栗橋車両管区を見学する日帰りツアーを3月27日に実施すると発表した。

記念乗車証
東武鉄道200型「りょうもう」就役30周年記念ツアー

「東武鉄道200型『りょうもう』就役30周年記念ツアー」は、普段運行しない北館林車両解体場留置線に入り、解体予定の20000型のモケットシートを橋代わりに使い、200型から20000型への移動と車両見学を行う。

南栗橋車両管区に到着した後、記念ヘッドマークを掲出した200型の撮影会が実施され、200型の実物シートの限定販売応募会に参加できる(2席1セットで限定10セットを予定)。ツアー参加特典として、200型のプレートの実物大レプリカ(鋳物製)、「急行りょうもう浅草」の実物大の側面方向幕レプリカ、実物のモケットシートの生地を裏面に貼付した珍しい記念乗車証がプレゼントされる。

3月27日限定のツアーで、旅行代金は大人1万6,800円・こども1万5,200円。浅草駅を9時8分に発車し、館林駅から北館林車両解体場まで往復した後、東武動物公園駅を経て南栗橋駅から南栗橋車両管区まで往復。浅草駅に15時5分に到着する行程となる。3月11日11時から、東武トップツアーズWEB販売センターや各支店で販売開始する。

#東武鉄道 #鉄道イベント #電車 #特急列車


東武鉄道200型「りょうもう」就役30周年記念ツアー、3/11予約開始

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました