日本旅行は、一般路線バスとして日本最長を誇る奈良交通八木新宮線の経路を忠実に運行する「日本最長路線バス八木新宮線と奈良交通営業所(十津川・新宮車庫・葛城)撮影会の旅」を4月に実施すると発表した。

ツアーに使用するバス外観

八木新宮線は、大和八木駅(奈良県)から紀伊山地に入り、山間部の県境を越えて新宮駅(和歌山県)に至る延長166.9km、平均的所要時間6時間半のバス路線。今回のツアーでは、同路線において不定期でしか運行されない奈良交通「日野ブルーリボン II トップドア車 QDG-KV234L3」を貸切で使用。路線運行時に使用する車内案内放送と運賃表表示を実施し、路線運行を忠実に再現する。

行程中、奈良交通十津川営業所(1日目)や新宮車庫・葛城営業所(2日目)をツアー専用に開放し、撮影会を設定。個性的な大・中・小型のバスを撮影・見学できる。

ツアーに使用するバスの車内

旅行代金は大人・こども同額で、1人1席使用の基本プランが2万6,500円、1人2席使用の2席占有プランが3万2,000円。出発日は4月10・17日で、それぞれ定員約30名。 3月10日15時から、日本旅行の大阪法人営業支店サイトで申込みを受け付ける。

#バス #BRT


日本最長のバス路線、奈良交通八木新宮線の経路を走るバスツアー

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用