ロッド・スチュワートが、大好きな鉄道模型をアメリカからイギリスに運ぶために、船舶用のコンテナを7つチャーターしたという。

英エセックスの自宅でより多くの時間を過ごそうとしているロッドだが、お気に入りの趣味を諦めたくなかったため、その巨大な鉄道模型を慎重に梱包して、ロサンゼルスから約8,777km離れたイギリスの自宅まで運んでもらったそうだ。
ある関係者はザ・サン紙にこう語る。
「ロッドが鉄道模型に入れ込んでいることはよく知られています。彼は、それを王室の宝飾品のように扱うんです」
そして別の関係者は「彼の子供達はイギリスの学校に通っていて、成長を見届けるため、ここでもっと時間を過ごしたいのです」と続けた。
以前ロッドは、「グラント・ストリート・アンド・スリー・リヴァーズ・シティ」と呼ばれる第2次世界大戦下のニューヨークはマンハッタンの街並みのレプリカを制作するのに、26年間も費やしたと明かしていた。
「これは、僕の好きな風景なんだ。細部へのこだわりさ。もの凄いこだわりが卓越している。見栄えの悪い隙間もダメだし、舗道がきれいすぎてもダメなんだ」
この手の込んだ鉄道模型は、長さが約37.7m 、幅が7mにも及び、1940年代からインスピレーションを受けたペンシルバニア鉄道シーンを含む、稼働している鉄道の駅やクラシックカーが配置された幾つかのアメリカの街並みを再現しているそうだ。
さらにロッドは、自身がイギリス生まれであることのしるしとして、彼が生涯にわたってサポートしているスコットランドのサッカーチーム、セルティックFCにちなんでセルティック・コール&スティール社のビルを組み入れているという。

1993年にビバリーヒルズの豪邸に移り住んだ際に鉄道模型の趣味を始めたロッドは、これほどまでに時間がかかると知っていれば、このプロジェクトに取り掛からなかっただろうとも話している。
「110パーセント集中しなければならないんだ。始めたからには終わらせないといけない。でも、もしこんなに時間がかかると知っていたら、ノー!ってたぶん言っていただろうね」
そんなロッドは、ツアー中も模型作りに勤しむそうで、ホテルを取る際、キットを組み立てたり、パーツの色塗りをしたりするための部屋を別に用意するそうで「事前に彼らには伝えるんだけど、とても柔軟に対応してくれるよ。ベッドをのけて、換気が良くなるようにファンを設置してくれるんだ」と話している。

#模型 #コンテナ #イギリス #アメリカ


ロッド・スチュワート、コンテナ7つで鉄道模型を米→英輸送

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました