2月24日放送の「水バラ ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅SP 盛岡〜青森・八甲田山」(テレビ東京系)で、 #太川陽介 のバス旅としては初の試みがなされ、ファンから驚きの声が上がっている。

 同番組は19年11月に「太川蛭子の旅バラ」で放送された「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」の第1回を太川と村井美樹、バス旅ファンだという #伊集院光 が振り返るというもの。未公開映像とあわせて、「あの時こうしていたら」という“答え合わせ”が行われた。

「太川はすでに終了した元祖バス旅のほか、この乗り継ぎ対決旅、陣取り合戦、鬼ごっこの3つのバス旅企画を抱えています。これまでそのどれでも答え合わせがされたことはありません。特に元祖バス旅では失敗回の答え合わせをしてほしいという声が多かった。独自に調査をしてネットで発表しているファンもいます。今回、ついにファンの願いが実現したんです」(週刊誌記者)

 旅の分岐点で「違うルートを選んでいたらどうなっていた」が発表されたほか、太川チームが負けた要因を探るなど、バス旅ファンにはたまらない内容になった。

「ゲストの伊集院は今回の内容を将棋の感想戦に例えていましたが、まさにそのとおりだと思います。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言によって新たなロケができないため、今回の完全版放送になったわけですが、緊急事態宣言が明けてもこのまま感想戦を続けてほしいという声があります。元祖バス旅を第1回から振り返ってくれれば最高ですね」(前出・週刊誌記者)

 バス旅ファンの願いは届くだろうか。感想戦でなく、ただの再放送でもいいという声も多いのだが。

#バス #太川陽介 #バラ #ローカル


太川陽介の「バス旅」が初の「感想戦」で全バス旅振り返りを望む声が続々!

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました