三岐鉄道(三重県四日市市)は3日、同鉄道三岐線三里駅発行の「三三三乗車券」を333枚限定で発売する。元号や月日が「3」で並び、同鉄道の社名や駅名などに「三」の文字が入っていることにちなみ、同鉄道開業90周年事業の一環として企画した。

 切符の表面には、列車が描かれ、「三三三乗車券」「令和三年三月三日記念」などの文字が記されている。料金(税込み)は、三里—近鉄富田駅(大人片道490円)を2回乗車できる980円。有効期限は12月31日。三里駅、近鉄富田駅西口、同鉄道ホームページなどで販売する。

 同鉄道は「販売枚数も『3』にこだわり、『3』づくしの珍しい切符です」と話している。問い合わせは同鉄道運輸課(059・364・2143)。

#令和 #発売 #元号 #社名


三岐鉄道三岐線三里駅で「三三三乗車券」令和三年三月三日に333枚発売

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用