ライフログアプリ「SilentLog(サイレントログ)」を提供する、レイ・フロンティア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:田村建士 以下、レイ・フロンティア)は地震による通機関の運休、一時停止における行動変化に関するデータを公開した事をお知らせします。

※本プレスリリースはレイ・フロンティアが運営する「Rei Frontier Tech Blog」の転載となります。
Rei Frontier Tech Blog:
https://tech-blog.rei-frontier.jp/entry/2021/02/25/145621

2021年2月13日に福島県で最大震度6強の地震が発生しました。この影響で県内の交通網は打撃を受け、福島県と首都圏を結ぶ東北新幹線が運休、JR在来線は一部区間で運転見合わせとなりました。

そこで、今回は福島県在住の人を対象に交通機関の運休、一時停止による行動変化を調査しました。

■抽出条件
【期間】
2021/2/7(日)〜2021/2/10(水)
2021/ 2/14(日)〜2021/2/17(水)

【対象者】
推定居住地が福島県の人
※推定居住地:機械学習により推定された居住地

※調査元
弊社アプリSilentLogより収集したデータに匿名化処理を施したもの

■最初に推定居住地が福島県の人の利用駅を調査しました。
※上位14駅までを表示

福島駅で22%減少、郡山駅で45%減少、東京駅で33%減少していました。

■次に移動手段別(徒歩、電車、車、自転車)1日の合計移動距離です。

徒歩は地震発生後に約1,000m(1km)〜1,900m(1.9km)の移動が減少し、約2,000m(2km)〜3,000m(3km)の移動が増加しています。

電車は地震発生後に約6,000m(6km)〜7,000m(7km)の移動に集中し、約200,000m(200km)以降の移動はほぼありません。

車は地震発生後に約5,000m(5km)〜15,000m(15km)の移動に集中し、約40,000m(40km)以上の移動が減少傾向です。

自転車は地震発生後に約6,000m(6km)〜9,000m(9km)の移動が増加しました。

■まとめ
・利用駅は福島駅22%減少、郡山駅45%減少、東京駅33%減少。最も減少しているのは郡山駅だった。

・徒歩移動では2km〜3kmが増加しており、目的地までの距離が2km〜3kmの人は通常電車移動のところ、徒歩で対応した人が多かった事が考えられる。

・地震発生後も電車移動していた人は7km以下が多かった。

・車移動は地震発生後、5km〜15kmの移動は増加するが、40km以上になると減少する。

・自転車は地震発生後に6km〜9kmの移動が増加しており、目的地までの距離が6km〜9kmの人は電車から自転車移動に切り替えた人が多かった事が考えられる。

〜お知らせ〜
この度iPhone版同様にお使い頂けるSilentLog、Android版をリリースしました。
今後とも宜しくお願い致します。

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.reifrontier.silentlog

iPhone版
https://apps.apple.com/jp/app/silentlog/id901679160

■SilentLog(サイレントログ)公式サイト
https://silentlog.com

■企業概要
◆レイ・フロンティア式会社
・本社:東京都台東区台東2-26-8 KSビル301
・代表取締役:田村 建士
・事業内容:
人工知能による位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」の開発・運営
1)弊社が保有するデータの統計結果、AI分析推測結果の提供
2)行動データの収集手段(SDK)と、分析基盤一式および定期レポートの提供
3)位置情報分析技術による、既存のGPSデータの可視化と行動分析支援の提供
4)弊社アプリ(SilentLog等)を活用した行動分析、および実証実験支援の提供
5)行動データを活用した新規サービス、事業開発

■本プレスリリースに関するお問い合わせ
レイ・フロンティア株式会社 広報担当
E-mail:info@rei-frontier.jp
Web:https://www.rei-frontier.jp

#地震 #運休 #影響 #株式会社


地震による鉄道運休への影響

関連記事

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更

えちごトキめき鉄道 413系 455系 3両編成、7月4日から営業運転