西武鉄道は22日、駅ホームにおけるさらなる安全性の強化を目的に、国分寺駅5番ホーム(国分寺線)に設置したホームドアを3月2日から使用開始すると発表した。7番ホーム(多摩湖線)には西武鉄道で初となる軽量型ホームドアを採用し、3月中に使用開始する予定となっている。

国分寺駅5番ホームのホームドア設置の様子

国分寺駅の5番ホームで使用するホームドアは、池袋駅や練馬駅と同様の従来型ホームドア。3月2日の13時35分頃から使用開始する予定だが、工事の進捗や列車の運行に遅れが生じた場合、使用開始予定が変更となる場合がある。

7番ホームについては軽量型ホームドアを採用し、3月中に使用開始する予定。可動部にパイプ状ドアパネルを用い、戸袋部もコンパクトで軽量構造となっている。なお、ホームドア設置については、国・東京都・国分寺市からの補助を受けている。

7番ホームに設置予定の軽量型ホームドア設置イメージ

西武鉄道では、池袋駅2~6番ホームと練馬駅、西武新宿駅でホームドアの整備を完了しており、2020年度をめどに高田馬場駅、所沢駅、国分寺駅での整備も行う予定。2021年度以降も引き続き設置に向けた検討を進めていくとしている。

#ホームドア #駅 #西武鉄道


西武鉄道、国分寺駅のホームドア使用開始へ – 軽量型ホームドアも

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用