あいの風とやま鉄道は17日、富山~東富山間で整備している新駅の名称・概要を発表した。新駅の駅名は「新富山口(しんとやまぐち)」に決定し、2022年3月に開業予定となっている。

新富山口駅の東側駅舎イメージ

富山~東富山間で整備中の新駅周辺は住宅地が広がり、多くの鉄道利用者が見込まれるとともに、東側の広大な用地で開発等が予定されていることから、地域の利便性向上と活性化、鉄道の利用促進を図るため、富山県・富山市が行う周辺整備と連携して新駅の設置を進めている。

新駅の名称は「新富山口(しんとやまぐち)」に決定。富山駅から程近い新駅周辺で新しいまちづくりが展開されることから、富山市中心市街地への新しい玄関口(ゲートウェイ)として、新駅とその周辺がこれからますます発展することが期待されている。

新富山口駅の西側駅舎イメージ

新駅では地上駅舎を東西に配置し、エレベーター3基を設置。東西に無人改札口を設け、自動券売機とIC簡易改札機が設置される。ホームは相対式2面2線。ホーム長は4両対応の85mとなる。

#駅 #中小私鉄 #三セク


あいの風とやま鉄道「新富山口」富山~東富山間新駅の駅名など決定

関連記事

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更

えちごトキめき鉄道 413系 455系 3両編成、7月4日から営業運転