JR九州は10日、九州新幹線(博多~鹿児島中央間)の全線開業から10周年を迎えること記念し、九州新幹線の隣接する駅間の乗車券・新幹線自由席特急券と台紙をセットにした「九州新幹線全線開業10周年記念きっぷ」を1,010セット限定で発売した。

「九州新幹線全線開業10周年記念きっぷ」台紙イメージ

「九州新幹線全線開業10周年記念きっぷ」は、九州新幹線博多~鹿児島中央間の隣接する駅間の企画乗車券(乗車券・新幹線自由席特急券のセット券)11区間と記念台紙をセットにした商品で、1,010セット限定で発売され、なくなり次第、終了となる。

台紙は10ページのパンフレット仕様で、新幹線にまつわる写真を複数掲載。表面にオリジナル地模様(「JR KYUSHU SHINKANSEN 10TH ANIVERSARY」)が施され、裏面は券番を記載したD型券となっている。

「九州新幹線全線開業10周年記念きっぷ」券面デザインイメージ(表面)
「九州新幹線全線開業10周年記念きっぷ」券面デザインイメージ(裏面)

きっぷの設定区間は博多~新鳥栖間、新鳥栖~久留米間、久留米~筑後船小屋間、筑後船小屋~新大牟田間、新大牟田~新玉名間、新玉名~熊本間、熊本~新八代間、新八代~新水俣間、新水俣~出水間、出水~川内間、川内~鹿児島中央間の11区間。利用期間は3月12日から10月10日まで。期間内に1券片1回利用できる。発売額はきっぷ・台紙・郵送費込みで1万2,000円。販売は郵送(現金書留)のみの先着順で、1回の申込みにつき1セットの発売となる。

#新幹線 #記念きっぷ #JR九州 #電車


JR九州「九州新幹線全線開業10周年記念きっぷ」1,010セットを発売

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題