JR九州とグルーヴノーツは9日、持続的なモビリティサービスの実現に向けて、量子コンピュータなどの最新技術を活用した「鉄道車両の運用最適化」の検証プロジェクトを開始したと発表した。鉄道車両の運用計画を最適化・自動化し、車両の保有数を削減できれば、車両の維持コストや将来の老朽取替にかかる設備投資を抑制できるという。

対象路線を走る交流蓄電池電車BEC819系「DENCHA」

鉄道車両の運用は、基本となるダイヤ(列車運行計画)をもとに計画を策定している。その際、車両の編成組替え、検査・清掃作業などの時間・場所的な制約を踏まえ、熟練者が経験によって鉄道車両の編成や割当てを決めていたという。

今回のプロジェクトでは、グルーヴノーツが提供するクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を活用し、量子コンピュータやAIなどの先端技術と高度な数理モデルなどを使った車両最適化のシミュレーションモデルを構築し、実用化することをめざす。

JR九州では、新型コロナウイルス感染症の長期化により、鉄道事業における抜本的なコスト削減が急務となっているという。クラウドコンピューティングや量子コンピュータを活用し、鉄道車両の運用計画を最適化・自動化することで、車両の保有数を削減できれば、車両の維持コストや将来の老朽取替にかかる設備投資を抑制できるという。

車両運用計画で考慮すべき要件(イメージ)
福北ゆたか線・若松線が対象路線に

今回の検証は、おもに福北ゆたか線・若松線を走行する車両を対象に実施。このプロジェクトを通じて得た結果をもとに、他路線への適用拡大に加え、旅客の需要予測のプロジェクトも共同で進める予定としている。

#JR九州 #電車 #鉄道技術


JR九州など、福北ゆたか線・若松線で「鉄道車両の運用最適化」検証

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用