鉄道ファンにとって、そして東京駅ファンにとって悲しいニュースが入ってきた。東京駅で愛されていた人気マスコットガール「ふくらむちゃん」が、2021年3月末で引退し、旅立つことが判明したのである。今後ふくらむちゃんは、はるかかなたの銀河系へ帰るものと思われる。

・あまりにも巨大化したふくらむちゃん

ふくらむちゃんは、その名のとおり、さまざまなワクワクするモノをふくらませ、楽しさや嬉しさをも膨らませてきた人気のマスコットガールだ。たまに自身もふくらみ、あまりにも巨大化したこともあった。

・東京駅のGRANSTAのマスコットガール

ふくらむちゃんは東京駅のGRANSTAのマスコットガールとして登場したため、公式TwitterなどではGRANSTA内でのグルメやグッズ、そして働く人たちなどの交流をリポートしてきた。ふくらむちゃんのファンによると、彼女のリポートのおかげで知ることができたスイーツや料理も多数あるという。

・まだ「ふくらみかけ」だった!

ふくらむちゃんは現在は有休消化中のようで、自身の公式Twitterでも「明日から有給休暇に入るよー 東京駅の皆さんお世話になりましたーまた銀河のどこかで会おうねー」と告知している。

また、公開されたお別れのコメントでは、銀河に戻ってもっとふくらませると宣言。なんと、いまでも十分に膨らんでいると思ったが、まだ、ふくらみかけだったのである。

・いままでお疲れさまでした!

いったいどこまでふくらんでいくのか、ふくらむちゃんのふくらみを今後も注目していきたい。引退してしまうことは悲しいが、いつかまたどこかで、ふくらみまくった彼女が見られるかもしれない。いままでお疲れさまでした!

Photo: ふくらむちゃん公式Twitter

#東京駅 #引退 #有休 #はるか


【話題】東京駅のマスコットガールふくらむちゃん引退 / 現在は有休消化中「ヤキを入れられたこともあったなー」

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用