NHK総合にて毎週木曜日19時30分から放送中の『所さん! 大変ですよ』。2月18日の放送では、「大ピンチ! 鉄道業界に現れた救世主!?」と題し、新型コロナウイルス感染症などの影響で苦しむ鉄道業界の「救世主」を特集する。

第三セクター鉄道の「救世主」とは
鉄道会社を助けた男性も登場
売上激減の駅弁を助けた「絆」も紹介

全国の第三セクター鉄道では、新型コロナウイルス感染症などの影響で乗客が激減し、収入も大幅に減少。そんな中、週末になると、ローカル鉄道の駅に“なぞの行列”ができるという。調べていくと、全国の約40の第三セクター鉄道会社による壮大な取組みと、鉄道ファンらの熱い思いがあった。

番組ではその他、昨夏の豪雨で壊滅的被害を遭い、水没したローカル鉄道の車両1両を動けるようにした「鉄道業界でその名を知られた達人」や、緊急事態宣言の影響で売上95%減、経営危機に陥った駅弁会社を救った「意外な絆」なども紹介。『所さん! 大変ですよ』の「大ピンチ! 鉄道業界に現れた救世主!?」は、NHK総合にて2月18日の19時30分から19時57分まで放送予定となっている。

#子鉄 #中小私鉄 #三セク


第三セクター鉄道の「救世主」登場『所さん! 大変ですよ』2/18放送

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は