世界遺産に指定されると文化的な意味はもちろん、その地域の観光産業にも大きな恩恵をもたらす。ねこの「たま駅長」で一躍、その存在を知られるようになった和歌山電鉄「貴志駅」は、昨年末にユネスコの無形文化遺産に指定された技術を生かした駅舎でもある。その無形文化遺産の技術が使われるにあたって、たま駅長の存在が大きな役割を果たしていた。ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 世界遺産といわれると、まず、日本国内なら法隆寺や東大寺、姫路城といった歴史的建造物が思い浮かべるだろう。だが、歴史的価値があるのは古い建造物だけではない。ネコの「たま駅長」でブームを巻き起こした、和歌山県和歌山市と紀の川市を走る和歌山電鉄の貴志駅にも、2020年12月にユネスコの無形文化遺産に登録された「伝統建築工匠の技 木造建造物を受け継ぐための伝統技術」が使われている。

「貴志駅は2010年に建て替えることになりましたが、和歌山電鉄の車両デザインを担当してくれている工業デザイナーの水戸岡鋭治さんに新駅舎のデザインを描いてもらいました」と話すのは、和歌山電鉄の広報担当者だ。

 和歌山電鉄は和歌山駅─貴志駅間を結ぶ約14.3キロメートルの鉄道で、2006年までは南海電鉄の一路線だった。しかし、南海は不採算路線を理由に貴志川線の廃止を表明。沿線住民や沿線自治体が存続を模索し、岡山県の岡山電気軌道が新たに貴志川線を運行することになった。貴志川線は新たに和歌山電鉄として再出発した。

 その後、和歌山電鉄の貴志駅に住み着いていたネコのたまが話題となり、全国から多くの観光客を呼び寄せるまでになった。沿線活性化に貢献したとの理由から、たまは駅長に就任。長らく活躍したが、2015年に死去。現在、貴志駅は2代目のたま「ニタマ」が駅長を務めている。

 たま駅長が話題になった貴志駅の改築にあたり、水戸岡さんは情緒のある藁葺き屋根をイメージして絵を描いた。しかし、藁葺きは燃えやすいという欠点があるため、駅舎を藁葺き屋根にすることは難しかった。そこで、新たな案として出てきたのが檜皮(ひわだ)葺の屋根だった。

 檜皮葺とは、文字通りヒノキの樹皮を加工して成型し屋根をつくる、古くは7世紀に使用した記録が残っている伝統的な技法だ。現在でも出雲大社や厳島神社、清水寺や善光寺本堂など、全国で見ることが出来る。耐用年数がおよそ30年ということもあって、葺き替えのため、その技法は現代にも伝えられている。

「2004年に世界遺産登録された紀伊山地の霊場と参詣道には、高野山も含まれています。高野山には多くの伝統的な寺社建築物があり、それらを修繕する職人も多くいます。難しい注文であることは承知していましたが、『新しい貴志駅の屋根を檜皮葺にしたい』と無理を承知で頼みに行きました。すると、京都御所や厳島神社を葺いた檜皮葺名人の故・古家敏男さんが『たま駅長の駅舎だったら引き受けたい』と快諾してくれたのです」(同)

 檜皮葺の技術は、このほど世界遺産登録された技術のひとつだが、国内で檜皮葺屋根の建物は約800棟余が重要文化財になっている。これらの建造物を保護するためにも檜皮葺の技術を有する職人は欠かせないが、檜から樹皮を剥ぐ檜皮採取という技術も檜皮葺とともに世界遺産認定されるほどで、その職人は少ない。

 檜皮葺のほかにも、岐阜県白川郷の合掌造りなどで知られる茅葺きと茅採取の伝統技術もこのほど世界遺産に認定された。白川郷そのものは1995年に世界遺産認定されているが、会津鉄道の湯野上温泉駅も茅葺き屋根となっている。

「湯野上温泉駅は、大内宿の最寄駅です。大内宿は江戸時代の雰囲気を残した町並みが人気で、多くの観光客が訪れています。大内宿に残っている家屋の屋根は茅葺きなので、湯野上温泉駅の駅舎も国鉄から第3セクターへと切り替わるにあたり、地元の下郷町と協力して屋根を茅葺きにしました」と話すのは、会津鉄道の担当者だ。

 会津鉄道は約57.4キロメートルの鉄道路線で、福島県会津若松市の西会津駅と南会津町の会津高原尾瀬口駅とを結ぶ。

 和歌山電鉄と同様に、会津鉄道にも2008年にネコの「ばす」が名誉駅長に就任。ばすが名誉駅長を務めるのは湯野上温泉駅ではなく芦ノ牧温泉駅だが、駅舎に住み着いていたことを理由に会津鉄道が名誉駅長に任命し、2016年にばすが死去すると2代目の「らぶ」が名誉駅長を引き継いだ。

 和歌山電鉄と会津鉄道は世界遺産に認定された伝統技術を用いた駅舎があるというだけではなく、奇しくもネコの駅長・名誉駅長という点でも共通している。

「湯野上温泉駅の茅葺き屋根は、毎年、一部を少しずつ葺き替えています。そのため、手間も費用もかかります。しかし、会津鉄道にとって湯野上温泉駅は目玉ともいえる駅です。手間や費用がかかっても、茅葺き屋根は維持していきたいと考えています」(同)

 湯野上温泉駅は茅葺き屋根という特性から、7〜8月にかけての夏場を除いて防虫目的で囲炉裏に火が灯される。茅葺き屋根だけではなく、囲炉裏を維持するのも大変な苦労を必要とする。

 伝統技術を用いた建築物・建造物は、維持管理の面から歴史の波に飲み込まれつつある。同じく鉄道業界も、IC乗車券の登場や自動運転の導入といった新技術の台頭に直面し、古くなった車両や駅施設などは姿を消して職人技は必要なくなりつつある。

 これまで培ってきた技術や知見が後世に継承されないまま失われていくことは、どの業界にとっても頭の痛い問題だろう。

 和歌山電鉄や会津鉄道といった鉄道業界から、分野は違えども伝統建築の技術を守ろう・残そうとする機運が芽生えている。伝統技術は決して時代遅れの技術ではない。技術立国を目指す日本にとって、過去の技術を継承して未来へとつなげることは重要な課題でもある。

 世界遺産とねこ駅長、一見、奇妙な取り合わせだが、どちらも観光の目的になるだけの力を持った存在だ。その二つが同時に楽しめるローカル鉄道の旅を心おきなく楽しめる日が、もうすぐやってくることを期待されている。

#無形文化遺産 #ユネスコ #ローカル #世界遺産


ローカル鉄道のネコ型駅舎、ユネスコ無形文化遺産「檜皮葺」を継承する意味

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は