『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの #市川紗椰 (さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、高校時代に通った駅について語る。

* * *

自著『鉄道について話した。』でも取り上げましたが、私が通っていた高校は、JR中央線武蔵境駅から出ている西武多摩川線という都会のローカル線の沿線にあるインターナショナルスクールでした。

最寄りの「多磨駅」は地域の代表ヅラしているかのような駅名ですが、実際は自動改札がない小さな小さな駅で、2000年代になっても駅員さんに切符にハンコを押してもらって入る、時代に取り残された小屋みたいな駅。

東京では珍しい構内踏切が残っていて、その貴重さを知ったとき(JRはもちろん、私鉄でも構内踏切がまだあるのは短い支線の数駅のみ)、日本の鉄道風景の奥深さに気づくことにもなりました。

踏切の音が「フワンフワンフワン」と少しとぼけたソフトな音色なのですが、近鉄の構内踏切の「ペゥーッペィーッペーッ」という激しいブザー音を聞いたとき、あまりの違いに衝撃を受けました。

東武亀戸線の亀戸水神駅の「れんれんれん」と懐かしく響くものや、JR飯田線伊那新町駅の音のブレ方が『ジングルベル』のリズムに聞こえる個性的なものまで、多磨駅のおかげで全国の構内踏切の魅力にハマりました。

そんな”市川歴史遺産”、そして昭和鉄道遺産ともいえる多磨駅がついに生まれ変わり、昨年12月23日に新駅舎が誕生! あののどかな盲腸線、西武多摩川線に未来的な駅が突如出現しました。

2階建ての立派な橋上駅舎で、私が3年通った小屋の何倍も大きい。外側は開放的なガラス張りと爽やかな外壁緑化であしらわれ、構内には桜をモチーフにしたメモリアルアートを設置。

男性用と女性用以外に、ユニバーサルデザインの「誰でもトイレ」も用意されており、グローバルスタンダードへの意識もうかがえる。まるで昭和から平成を飛ばして令和に突入したよう。

もちろん、愛する構内踏切は撤去。ホームに行くには、橋上化された改札を通って、エスカレーターを降りるだけ。東側と西側をつなぐ怖い地下通路もなくなり、バリアフリーに備えたコンコースも完成しました。コンコースからは線路が見えて、天気のいい日は遠くに富士山も眺められるらしい。あの陰キャな多磨駅で富士山だなんて。わお。

ホームは広くなっており、電光掲示板が設置されたのは予想どおりだけど、びっくりは駅名標。東京外国語大学の最寄り駅でもあるため「多磨(東京外大前)」の副駅名が。2001年までは、「多磨墓地前」駅だったのに。お墓メインの駅から出世したな……。バスロータリーまでできていて、もう正直”知らない駅です。

ちなみにこの大改装の背景には、オリンピック・パラリンピックのサッカー会場に選ばれた東京スタジアムと、自転車競技のスタート地点の最寄りだという理由があるそうです。大型商業施設の進出も予定されており、これからホットスポットとなる多磨駅周辺。

しかし、オリ・パラの開催も商業施設の開店もどちらも延期され、いったいどうなるのか……。在学中は、ファミリーマート、『週刊少年ジャンプ』を発売日の2日前に置く商店、そして無数の墓石屋さんしかなかったので、ほんのちょっとでも華やかになるならうらやましいです。

●市川紗椰(いちかわ・さや)
1987年2月14日生まれ。愛知県名古屋市出身、デトロイト育ち。父はアメリカ人、母は日本人。モデルとして活動するほか、テレビやラジオにも出演。著書『鉄道について話した。』が好評発売中。多磨駅の変貌を同級生に報告したが、誰も食いついてくれなかった。公式Instagram【@sayaichikawa.official】

#昭和 #高校


市川紗椰「"市川歴史遺産"、そして昭和鉄道遺産ともいえる多磨駅がついに生まれ変わりました」

関連記事

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア