阪神電気鉄道は4日、駅ホームからの転落事故などの防止策として、国、兵庫県、神戸市の補助を得て進めている神戸三宮駅の可動式ホーム柵について、1・3番線ホームへの設置が完了し、2月11日始発から供用開始すると発表した。

神戸三宮駅1・3番線ホームの可動式ホーム柵
神戸三宮駅の設置計画図

神戸三宮駅の1番線ホーム(大阪梅田方面)・3番線ホーム(山陽姫路方面)に設置される可動式ホーム柵は大開口(二重引き戸)型。一部の範囲は一重引き戸型となる。

なお、神戸三宮駅の2番線ホームには昇降ロープ式ホーム柵を設置する予定。2022年春頃の完成に向け、引き続き工事を進めていくとのこと。

#ホームドア #駅 #阪神電気鉄道


阪神電気鉄道、神戸三宮駅1・3番線ホーム可動式ホーム柵供用開始へ

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用