真岡鐡道は、2月7日をもって栃木県の緊急事態宣言が解除されることを受け、「SLキューロク館」と真岡駅東口売店(SL館)を2月8日から営業再開すると発表した。一方、「SLもおか」(下館~茂木間)の運休は継続される。

真岡駅に併設された「SLキューロク館」は2月8日から営業を再開する

緊急事態宣言の発令にともない、真岡駅に併設された「SLキューロク館」は1月15日から、真岡駅東口の売店は1月19日からそれぞれ臨時休業となっていた。ともに緊急事態宣言の解除後、2月8日から営業を再開する。

1月13日から運休となっている「SLもおか」については、栃木県の緊急事態宣言が解除された後も「近隣一都三県は緊急事態宣言が延長されること、SLもおかは首都圏からのお客様がメインであること」を理由に、運休を当面継続することになった。

「SLもおか」の運転再開の時期について、「緊急事態宣言の解除や新型コロナウイルス感染症の拡大状況を鑑みつつ検討」すると同社。決まり次第、改めて発表するとのこと。

#駅 #客車 #蒸気機関車 #中小私鉄 #三セク


真岡鐵道「SLもおか」運休継続、「SLキューロク館」など2/8再開へ

関連記事

ICOCA利用でポイント還元 丹波市が鉄道利用増進図る 7月から

切ったら祟られる?巨大「ご神木」と共存する駅

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始